会報誌(会員通信)の発行

 年5〜6回発行され会員への連絡事項・写真のワンポイントアドバイス・写真コンクール情報・撮影ポイント情報・写真情報誌の紹介・会員動静その他盛りだくさんの内容が掲載されています。


 懇親会の開催

 総会・講評会の後、楽しみにしている年一回の宿泊による懇親会。席上各会員の近況報告・不要になったカメラ等の売ります買います・年間ポイントによる『年度賞(ゴールド賞・シルバー賞・銅賞)』及び『新人賞』が発表され、ユニークな内容の賞状と副賞に講師撮影の額入り写真やフィルム等が授与されます。
 また、夕方及び翌朝は『撮影会』が実施されます


 写真(富嶽百景)展の開催

 会員各々が年間を通じ撮影してきた自信作数点を持ち寄り、講師によりその中から重複しないよう会員全員展示できるよう各人一点を選び、カメラマンの多くが集まる富士山写真のメッカとも言うべきプロラボ「ギャラリー富士」において毎年十月一ヶ月間あるいは十一月までの二ヶ月間開催し、好評を得ている。


 支部展の開催

 支部単位での『写真展や個展等』が行われ、好評を博しています。


 写真塾(松下塾)の開催

 講評会とは別にもっと技術を高める機会をつくるため、5名前講評会とは別にもっと技術を高める機会をつく後を対象にL、2L、,四つ切、ポジ等を持ち寄り指導を受ける。
 露出・ピントの合わせ方・構図の決め方、自分の持っている疑問・質問等詳しく説明。時間のある場合講師撮影のスライド観賞。非常に有意義な時間が過せます。

 


 撮影教室(写真教室)・撮影会の開催

 年数回講師による宿泊込み(伊豆・三ツ峠等)の撮影教室(写真教室)、同じく年数回の日帰り・バス・宿泊による撮影会(高ボッチ高原・富士五湖・富士川河川敷等)を実施しています。
 特に宿泊の夕食時の談義(講義?)は普段は決して聞けない話など楽しく役に立つ話が多く、富士山撮影の基本が身につき個人技術のスキルアップや写真上達の早道に通ずるかと思います。

 
 ワンポイント

   撮影できる可能性がわずか1%でもあれば撮影に出かける  べきである。

 


 講評会の開催

 偶数月の第一日曜日午前10時より、河口湖町公民館(河口湖町健康福祉センター:河口湖浅間神社横)にて開催。
 各自4ツ切写真2枚を厚紙と共に透明の袋に入れ、講師により金・銀・銅・入賞・選外作品に分けられ、全作品について構図・露出等懇切丁寧な講評を受ける。
 各会員にとってはこの上ない勉強の場であり、レベルアップの場である。
 各賞が点数制になっており、総会終了後の懇親会の席上各年度賞が発表され表彰される。